So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
介護衛生用品 ブログトップ
前の5件 | -

西日本豪雨災害の早期回復を願う [介護衛生用品]

西日本豪雨災害の被害が拡大しています。

被害に合われた方々の早期回復を祈るとともに、

支援に行かれている方々の安全と健康も

お祈り致しております。



東日本大震災の惨状にも似た様子が、

日々テレビやネットで放送され、

あの日のことを思い出し、

胸を痛ている人もたくさんいることと思います。



災害、二次災害は予測不能なことが多いですし、

急な対応に時間がかかることもありますね。

それでも、このところの暑さの中、

避難所で我慢して過ごされているみなさま、

衛生面が充実し、いくらでも快適に過ごせますように_||_



大切な人を亡くされた方の辛さは、いかばかりのものでしょう。

岩手の地から、

西日本豪雨災害に合われた方々のの早期回復を願っています。




>>>マスク&衛生用品



nice!(0) 
共通テーマ:健康

ピュアイズム 寝具クリーンケアミストの効果は何日? / 税抜3500円以上で送料無料 [介護衛生用品]

梅雨の季節は、どこか室内もジメジメとしたりするものです。

少し晴れたら、まめに換気!

を心がけても、

布団を干したくとも干せない。

ソファーカバーの乾きも今ひとつ。



そのうち、

「なんだか痒い!」

となったら、


ダニ捕りマットを置くだけでなく、

ダニ対策やスギ花粉対策用に出ている、

寝具クリーンケアミストも

使ってみたほうが良いかもしれません。



こちらサンスターから出ている

「ピュアイズム 寝具クリーンケアミスト」ですが、

一回スプレーしたら

効果は何日ぐらい続くのでしょうか?



販売ページをよく見てみると、

効果は約3日間持続します。

と書いてありました。

今なら、ご購入税抜3500円以上で送料無料!



ダニの嫌いなメントール由来成分が含まれているそう。

小さいお子様のいらっしゃるあなたなら、

すぐにでも見てほしいですね!


▼詳しくはこちらから▼










nice!(0) 

家族での紅葉狩りには頻尿のおじいちゃんも一緒に [介護衛生用品]

暑い日と涼しい日を繰り返しているうちに

秋になりましたネ。

ご家族での紅葉狩りを計画していらっしゃるあなたは、

もしかしたらトイレの場所をチェックされているのではありませんか?

涼しくなってくると、どこかトイレも近くなるものです。

いつも家で留守番をしているおじいちゃんも連れて、

家族みんなで紅葉狩り^^

安心して家族と楽しめる秋の紅葉は

おじいちゃんにとっても最高でしょう。

今回は頻尿も気にならない^^

紙パンツではないので蒸れることもなし!

紅葉狩りの後は、美味しいものでも食べてっ・・・と、

介助をするあなたも、安心して歩き、

自然を堪能できるのは

今までは何度も寄っていた

おじいちゃんのトイレの心配をすることがないから^^

その時お役に立てるのは>>>こちらから



とは言え途中1回くらいはトイレでの介助も行いたいものです。

いつも介助してくれているあなたが一緒なら、

おじいちゃんも安心ですね♡



妊活カップルのお手伝い~食べても害がない【ハローベビー潤滑ゼリー】 [介護衛生用品]

50代になると、

孫が出来た!

という話もチラホラ^^

御目出度いことです~

が、子供夫婦への口出しは禁物!

妊活中のカップルも、これで多いのです。

気にしている人も、気にしていない人も、

「子供がほしい~[揺れるハート]

と努力していらっしゃるのでしたら、

手助けになるものがいろいろと出ている様。

使う種類によって

膣内の分泌液のpH(ペーハー)をコントロールする

食べても害がない程の安全な潤滑ゼリー

というものも出ております!!

娘さん夫婦には言いづらいとお感じでしょうか?

パソコンの画面を点けておいて自然に目に入れる。

又は、親しい誰かに話してもらう。

その他にも工夫した伝え方があるかもしれません。

妊活期間が長いと、気持が疲れていたりもするものです。

どうぞ詳しい内容をご確認の上、

いいものを妊活にお役立て、

お手伝い下さいませ。


ハローベビー潤滑ゼリー


大気汚染の害を予防するなら [介護衛生用品]

本日の読売新聞に、
「北京市内、休校相次ぐ」
というお題目で、
中国の深刻な大気汚染情報が
掲載されていました。

昨年も大騒ぎしたPM2.5問題!

北京では、8日、
微小粒子状物質(PM2.5)の平均濃度が、
日本の環境基準の約9倍となったのだそうです。

こういう場合、外出しないのが一番、
と言っても、
これからずっとそうしていられる訳ではありません。

まずはマスクで微小粒子状物質を
いくらでも遮断し、
うがいと除菌を心がけたいものです。

日本には、
西の方から大気が流れてきます!!!

中国の霞んだ空気がそのまま流れてくることはない!
と信じつつも予防を心がけたいものですね。

子供にも顔の大きさに合ったマスクや予防法を考え、
大気汚染の害を予防していきましょう。

PM2.5の予防には



前の5件 | - 介護衛生用品 ブログトップ